モデルハウスの冷房代

2018年8月17日

7月13日から、8月13日の一ヶ月間、モデルハウス『OASIS』の冷房にかかる電気代を測定しました。

測定中は、24時間、連続運転です。

使用するエアコンは、三菱電機 MSZ-GV3617。

12帖用で、あまり機能の多くない一般的なエアコンです。

床面積40坪のモデルハウスの2階の洋室に設置された1台のエアコンは、設定温度を26℃にしています。

一日経過した、1階キッチン上の温度計は、その設定温度通りの26℃。

この日は、外気温が、34℃でした。

7月13日午後2時15分の電気メーターの指標は1497.2KW。

8月13日午後2時17分の電気メーターの指標は1726.6KW。

ほとんど、毎日猛暑日を記録する、この1ヶ月の電気使用量は、229.4KW。

電気代に換算して、5,046円でした。

この電気使用量の中には、24時間計画換気システムの電気代が、1カ月分、308円含まれています。給湯器や、IHクッキングヒーターは使用していません。お客様来場時に点けたLEDの照明の電気代は含まれていますが、わずかと思われますので、実質1ヶ月4,700円の電気代で、この猛暑を過ごしました。

来年の夏は、今年と同じような猛暑になるかどうかわかりませんが、地球温暖化の状況を考えると、毎年、今年のような猛暑がくると覚悟しておくべきかと思います。

是非、断熱、遮熱にこだわった『命を守る快適な家』を考えてください。

地鎮祭

2018年6月4日

関ヶ原町S様宅の地鎮祭を行いました。

 

隣地の高い木が、S様宅のシンボルツリーになっています。

 

高校野球

2018年3月26日

大会2日目の高校野球を観戦してきました(^^)

 

プラカードを持って記念撮影してくれるサービスがあります。

 

球児の父兄ではありませんが

 

『記念』です!

 

看板つくりました!

2018年3月5日

彦根市蓮台寺の信号から、北へ300メートルの道路沿いに看板をつくりました。

 

かなり大きな文字にしたつもりですが、

バリアフリーモデルハウス『OASIS』公開中

の文字は、運転中ほとんどわかりません(^^;)

 

モデルハウスはいつでも『公開中』です!

是非、「人にやさしい」ところを見てください。

『OASIS』見学会

2018年2月28日

2月24日と25日の両日、在宅介護対応モデル『OASIS』の見学会を行いました。

 

外は一桁の気温でしたが、中は床下エアコン1台と蓄熱暖房で22℃になっています。

この暖房機だけで家中が同じ温度ですから、ご来場いただいた皆さまから驚きの声をいただきました(^^)

 

また、手摺や昇降機等、様々な工夫を皆さまに見ていただくことができ、少しでも、

将来おとずれるかもしれない『介護』のための参考にしていただければと思います。

 

このモデルはいつでもご覧いただけます。お電話ください(^^)

2月24日・25日 体験見学会を開催します。

2018年2月22日

今週末、

在宅介護対応モデル『OASIS』にて見学会を開催します。

家を考えるとき、そのときの状況で間取りやデザイン、大きさが決まることがあります。

 

小さいお子さんがいるとき

家族が多いとき

介護が必要なとき

 

必ず、10年後・20年後・30年後・40年後、そして50年後のことを考えてください。

『OASIS』は、親の介護が必要かな、という時点の間取りです。

その時代に対応できる間取り、構造を考える必要があります。

 

最小限の費用で対応できるように考えましょう。

私たちがお手伝いします。

 

水漏れ調査を行いました。

2018年2月20日

彦根市M様邸…

16年前に建てさせていただきました。

タイル張りの外観は建てた当時と変わりなく、まだまだメンテナンスの必要はありません。

 

最近の寒さの影響でしょうか。

どこかでわずかですが

水漏れが…(°д°)

そこで、水素と窒素の混合ガスによる水漏れ調査を行いました。

 

 

水道管の中にガスを注入して、その漏れた箇所を感知させる調査です。

 

 

調査の結果、

この建物からの水漏れはなく

古い離れ屋の外部水栓からの水漏れでした。

発見できて良かったです(^_^;)

 

 

オリンピック 盛り上がっています!

2018年2月17日

フィギュアスケート男子シングル

 

羽生選手 金メダル

宇野選手 銀メダル

 

おめでとうございます\(^o^)/

羽生選手が凄いのは、有言実行。

「金メダルを取った選手だから、金メダルを取ります!」

経験からくる裏付け

私も自信を持ってアピールします!

「私は今、暖かい快適な暮らしをしています!だから、お客様にも本当の快適な暮らしを絶対していただけます!」

在宅介護対応モデルハウス『OASIS』完成しました。

2018年2月16日

団塊の世代がすべて75歳以上となる、2025年。

在宅医療を受ける人が100万人を超えます。

現在の1.5倍の人数です。

厚生労働省は、在宅医療の体制づくりを加速させる方針です。

 

この『2025年問題』に向けて、私たち建築に携わる者は

何をすべきか。

 

祖母の在宅診療でお世話になったドクター。

特別養護老人ホームを経営する友。

モデルハウスの計画から完成までアドバイスしていただいたケアマネージャー。

そして、看護師である義妹。

たくさんの介護に携わる人の意見を、ひとつの事例として形にしました。

2月24日・25日に体験会を行います。

新築や、リフォーム計画のない方も、是非見て頂きたいです。