近年シックハウスが大変な問題になっています。
シックハウスの原因となるホルムアルデヒドなどの有害物質に対処するためには、2つの方法があります。

一つは有害物質の発生量を抑えること、もう一つは有害物質の濃度が高くならないように換気を行うことです。
いくら建築材料から有害物質を排除しても、住む人が有害物質を発生する家具などを持ち込めば、
発生量を抑えることができません。そのため、住宅内の空気を汚染しないためには
必ず計画的な換気が必要になります。
人などに影響を与えるのは、ホルムアルデヒドなどの建築材料から発生するものだけではありません。
人や調理などで発生する二酸化炭素、調理や風呂場などで発生する水蒸気、
たばこの煙、粉塵など様々なものがあります。
これらの濃度を高めないためにも計画換気は必要です。
住宅内には様々な汚染物質が発生します。例えば主なものには以下のものがあります。
  • 二酸化炭素
  • 水蒸気
  • 臭気
  • たばこの煙
建材
  • ホルムアルデヒド・トルエン・キシレン
  • 防腐剤
設備
暖房・調理機器など
  • 二酸化炭素・一酸化炭素・窒素
  • 水蒸気
  • 粉塵
その他
  • ラドン(土壌・コンクリート・レンガ)
  • カビ
  • オゾン
住宅内には様々な汚染物質が発生しますので、換気は必ず必要になります。
戦前の住宅のようにすきま風が大量に吹き込むような住宅であれば、わざわざ計画換気をする必要がありませんが、近年の住宅であれば、特に高気密住宅でなくてもある程度気密性能がありますので、換気不足になる可能性は十分にあります。
人はあまり空気が汚れていることを敏感に感じ取ることができません。二酸化炭素濃度が致死に近い濃度に達しても気づかないことがありますし、においがある汚染物質でも長くいると鼻が慣れてしまい感じることができなくなります。
そのため、空気が汚れているにもかかわらず、気づかずに長時間過ごしてしまいということになりかねません。
汚染物質は高濃度ではなくても長く滞在していれば体に蓄積していって、健康を害するおそれがあり、十分に注意が必要です。
強制換気の必要性
計画換気は必ずしも強制換気である必要はありません。
従来からある換気レジスターなどでも開口面積が十分であれば、 必要な量の換気を行うことができます。ただし、レジスターなどは壁に穴を開けただけのものなので、 風の影響や内外温度差の影響を大きく受けることになります。 平均的な状態にあわせてレジスターの開口面積を決めると、風が強いときや冬などの内外温度差が大きくなるときには 換気が過剰になってしまい、暖冷房エネルギーを無駄に消費することになります。
その点、強制換気は住宅の気密性能が高ければ、風や内外温度差の影響を受けずに、 年間を通して計画換気を行うことができ、無駄な暖冷房エネルギーを使用することはありません。
強制換気は電気代がかかる?
強制換気は、電気の力でモーターをまわして換気するため、電気代がかかると危惧されます。
たしかに強制換気では、モーターをまわす分電気を使用しますが、 反面計画的な換気を行うことで過剰な換気による熱損失を押さえることができるため、 強制換気の方がエネルギーを消費するとは言えません。換気による熱損失は非常に大きいため、 一般的には過剰な換気を抑制することができる強制換気の方が省エネルギーと言えます。
換気量不足は人の健康に害を与えることになりますし、 過剰な換気量は無駄に暖冷房エネルギーを消費することになります。そのため、換気量の測定は重要です。
従来は換気を測定することは難しかったのですが、近年では測定器の価格も安くなり、 測定方法も簡易的になってきたため、換気の測定がしやすくなりました。
換気を測定する場合、目的によりいくつかの測定方法があります。
風量測定
強制換気システムが正しく動作しているかを確認するときに使用します。 具体的には、強制換気の吸い込み口に風量測定器をあてて風量を測定し、 計画した風量が正しく出ているかを確認します。
従来は風速計と吸い込み口の口径から、風量を計算で算出していましたが、 この方法では測定位置によって風速にばらつきがあり、正しい風量を測定することが難しかったのですが、 最近では吸い込み口に測定器を当てるだけで瞬時に風量が表示される風量測定器があり、 これを使用することで簡単に風量を測定できるようになりました。
ガス濃度一定法・減衰法などによる換気量測定
風量測定では、強制換気の吸い込み口など、ある程度の風速がある場所しか測定することができません。 そのため、隙間から隙間に抜けていく換気などを測定することができないため、 正確な住宅全体の換気量を測定することができません。
ガス濃度一定法などは、住宅内を特定のガス(二酸化炭素など)で充満し、 その濃度とガスの放出量で換気量を算出します。
従来この方法は、大がかりなシステムや難しい計算が必要だったため、 研究目的などのより正確な換気量測定の方法として用いられてきましたが、 最近では測定システムとパソコンを組み合わせて、自動で測定・制御できるシステムが開発され、 測定が簡単になりました。
二酸化炭素濃度の測定
人が生活していれば、必ず酸素を吸って二酸化炭素を排出します。 そのため換気が正しく行われていなければ、二酸化炭素濃度が高くなっていきます。
建築基準法やビル衛生管理法などでは二酸化炭素濃度の基準値が1000ppmと規定されています。 つまり、1000ppm以上の濃度があるときは、換気量が不足していると判断することができます。
二酸化炭素濃度は、専用の炭酸ガス濃度測定器を使用して測定します。 
必要な換気量は、住宅内の状態により変わってきます。
例えば、住宅内の人数が多い場合、炊事や風呂などから大量の水蒸気が発生する場合、 調理をするためにガスコンロを使用している場合、VOCが多く出ている場合など、 空気が汚れる要素があればその分だけ多くの換気量が必要になります。
通常、1人に対して必要な1時間あたりの必要換気量はおおよそ20〜30m
3です。
住宅内に4人いたとすると、必要換気量は120m3/hとなり、住宅の気積が240m3の場合、 1時間あたり0.5回の換気回数が必要になります。つまり1時間内に住宅内の空気を半分入れ換えればよい ということになります。
住宅を建てる場合には、必ず必要換気量が得られるかを測定してください。 機械換気のカタログに換気量が記述されている場合がありますが、必ず実測することをおすすめします。 これは、配管の状態や、給気口の大きさ、温度差・風などにより、実際の換気量が変わるためです。
計画的な換気を行うためには、高気密の住宅である必要があります。 気密の悪い住宅では、外気と住宅内の温度差や風により換気量が変わってしまいます。 また、計画換気の場合は、吸気と排気の経路が決まっていますが、気密が悪い住宅では、 状態により逆流する可能性があります。
目標とすべき気密性能(cm2/m2)
換気システム 内外温度差
0度 5度 10度 15度 20度 25度 30度
排気だけを機械換気 3.0 2.0 1.4 1.0 0.8 0.5 0.3
給排気を機械換気 2.7 2.6 1.5 1.0 0.8 0.6 0.5
((財)建築環境・省エネルギー機構発行「住宅の省エネルギー基準の解説」より)
住宅内の汚染物質
シックハウス症候群
計画換気
換気の測定方法
換気量の判断方法
計画換気に必要な気密性能
TOP